HOME > 参加施設・分担者・参考文献:分担者

参加施設・分担者

分担者

「重症型のレンサ球菌・肺炎球菌感染症に対するサーベイランスの構築と病因解析,その診断・治療に関する研究」班
研究代表者 生方 公子 (平成22年度 ~)

氏名 主に分担する研究項目 所 属
生方 公子 侵襲性レンサ球菌および肺炎球菌感染症サーベイランスの構築と病因解析,その診断・治療への応用(疫学,迅速診断法の確立,および総括) 北里大学大学院感染制御科学府&
北里生命科学研究所
病原微生物分子疫学研究室
阿戸 学 劇症型溶血性レンサ菌感染症発症における宿主側要因の解析 国立感染症研究所 免疫部第二室
池辺 忠義 劇症型溶血性レンサ球菌感染症の細菌学的解析および重症化に係る病原因子の解明 国立感染症研究所 細菌第一部
大石 和徳 侵襲性レンサ球菌・肺炎球菌感染症由来株における病原遺伝子の疫学解析 大阪大学微生物病研究所・感染症国際研究センター高病原性感染症研究部門
高橋 孝 成人における侵襲性レンサ球菌・肺炎球菌感染症例における病態解析と最適治療法の確立 北里大学大学院感染制御科学府&北里生命科学研究所・感染症学研究室
藤島 清太郎 救急・総合診療分野における侵襲性レンサ球菌・肺炎球菌感染症例の病態解析とその治療法に関する研究 慶應義塾大学医学部救急医学教室
坂田 宏 小児における侵襲性レンサ球菌・肺炎球菌感染症例における病態解析と最適治療法の確立 JA北海道厚生連旭川厚生病院
小児科
岩田 敏 小児におけるレンサ球菌の再発・再燃のメカニズムと抗菌薬の最適化に関する研究 慶應義塾大学医学部感染制御センター
秋山 徹 SDSE菌を中心としたレンサ球菌劇症型感染モデルの構築および分子基盤に関する研究 独立行政法人・国立国際医療研究センター・感染症制御研究部・感染症免疫遺伝研究室

お問い合わせ先

〒108-8641
東京都港区白金5-9-1
北里大学北里生命科学研究所
病原微生物分子疫学研究室
FAX: 03-5791-6386
e-mail: shinko13@lisci.kitasato-u.ac.jp

このページの先頭へ